パソコンのデータ消去は業者に任せるのが最適です

パソコンのデータはゴミ箱に捨てても残っている状態なので、廃棄した際に個人情報が流出するなどのリスクがあります。付属のDVDなどを利用して初期化することでデータを完全に消去することも可能ですが、素人だと難しいケースも多いので、専門の業者にお任せしてデータ消去を行ってもらうのが最適です。インターネット上に専門業者のホームページが開設されていますので、空いている時間を活用して情報をチェックしてください。業者の数も複数あるので、少しでも安い費用で請け負ってくれる所をセンタうするのが最適です。個人のパソコンはもちろんですが、会社のパソコンをまとめて廃棄する場合など、機密情報が漏れてしまうと大変なことになります。ハードディスクを壊す方もいらっしゃいますが、廃棄できなくなるケースもあるので、専門知識を持った業者のスタッフにお任せすることをオススメします。

パソコンのデータ消去の必要性です

パソコンには、多くの個人情報のデータが入っています。たとえ、削除をしたり初期化をしても見た目にはデータ消去されたように見えますが実際には、ハードディスクにはデータが残っており、データ復活ツールでデータを復活出来る場合があります。特に、持っているパソコンを他の人に譲ったり、データ消去の作業が面倒だからとそのまま業者に回収してもらうと、大切な個人情報が他の人に流出してしまう可能性があります。そうなってしまうと、その個人情報を悪用されてしまう可能性があります。情報が流出するような事にならないためにもデータの消去は必要です。大きく分けて消去の方法は3種類あります。自分でデータの消去ソフトを利用して消去するやり方と、ハードディスクを取り出す方法、そして専門の業者に依頼してデータを消去してもらう方法です。このいずれかの方法で、自分のパソコンのデータは消去する必要があります。

使わなくなったパソコンのデータ消去

パソコンは何年かに一度のペースで買い換えることが多いと感じますが、その使わなくなったパソコンは、捨てる、リサイクルする、誰かに譲るなどさまざまな用途があります。しかしどのパターンになったとしてもやらなければならないことが、データ消去です。これは、もともと入っていたデータを完全になくすというもので、別に使わないのならそのままでもいいのではないかと感じるかもしれません。しかし、捨てる場合であってもそのデータを悪用されてしまう可能性がありますので、完全に消去をしてから捨てなければなりません。たいしたデータが入っていないという方でも、いつどのような状況でデータが盗まれたり、悪用されてしまうかわかりません。もしやり方がわからなければ業者などに依頼して、しっかりとデータ消去をしてから処分、またはリサイクルなどの方法をとりましょう。

コンシューマーは対象外となります。 買取りだけでなく、廃棄処分もおこなっています。 データ消去だけのご依頼も承ります。 PCと周辺機器類の買い取りも可能です。 PC買い取り及びデータ消去は法人、教育機関、官庁の実績豊富な当社まで。 PCの製造、修理、サポート等の幅広い経験とノウハウがあります! 山形県に工場がございます。 パソコンのデータ消去はこちら